シニア犬の健康診断

お薬手帳

シニア犬は毎年健康診断しよう

さぁ行くぞっ!!

今年も行くぞっ!!

いつも健気に元気なもぴこむ
しかし春は年に1度の病院へ!!

狂犬病予防摂取や
フィラリア検査と一緒に
精密検査をしてもらっています

わりと病院が近いので
天気の良い日を選び
カートで歩いてお出かけです

もぴこむ
もぴこむ

カート = 病院…

でこぴかり
でこぴかり

そ、そうだね…

狂犬病予防接種は義務

狂犬病とはどんな病気なのか

ウイルスが原因の病気

狂犬病ウイルスを持った動物に噛まれると
ヒトをはじめ全ての哺乳類が感染する

狂犬病ウイルスに感染したイヌは
中枢神経系に機能障害を起こし
体の機能が麻痺…
7日間ほどで死んでしまうそう…

ヒトが感染すると、
風邪のような症状で始まり
興奮・不安・錯乱・幻覚・攻撃
水を怖がるなどの脳炎症状を引き起こし
昏睡して最期は呼吸が停止…
発症した場合に治療法はなく
ほぼ100%死に至る

でこぴかり
でこぴかり

ゾンビ映画をはじめ

感染パニック作品は
狂犬病ナドの実態から

影響を受けているのでしょうな

もぴこむ
もぴこむ

そうでしょうな…

狂犬病予防摂取が義務な理由

厚生労働省が定める狂犬病予防法により
生後3カ月以降のすべての犬に
毎年狂犬病の予防接種が
義務付けられているよ

毎年4~6月までに摂取するように
お知らせが届くよね

狂犬病予防接種をしたら、
したぞっ!という
狂犬病予防注射済証を
自治体に提出することも必要!!

もぴこむは予防接種する動物病院で
登録代行もお願いしているよ

登録手続が終わると、
郵送で鑑札が届くよ

でこぴかり
でこぴかり

今年は黄色だった⭐

フィライリア症予防も必須

フィラリア症とはどんな病気なのか

寄生虫が原因の病気

蚊の吸血時に
フィラリアがイヌの体に入り
成長して心臓や血管に寄生

フィラリアが体の中で
体長15~30㎝の成虫に成長

でこぴかり
でこぴかり

15cmって

お世話係の手のひらサイズだよ

もぴこむ
もぴこむ

デカっ!!キモっ!!

フィラリアに寄生されたイヌは
成虫が心臓に寄生して
血液循環が悪化したり
疲労や咳の症状が出たりするそう

成虫が増えて詰まって命を落とすことも…

もぴこむ
もぴこむ

恐ろしすぎる…

でこぴかり
でこぴかり

毎年必ず予防しよう!

まずは血液検査から

フィラリア症予防の薬は駆虫薬だから、
すでに感染した状態で飲むと、
本犬がアレルギーショックになってしまうそう

フィラリアがいないことを確認してから
お薬を飲む必要があるんですって

よって、
まずは血液を採取!!

もぴこむ
もぴこむ

ハイ注射ですねハイ

でこぴかり
でこぴかり

注射の時の『叫』と『無』

違いは何なの!?

フィラリアは寄生してしまってたら
成虫を駆虫する手術ナド
リスクが高い治療になるそうだ

よって、
予防必須!!

もぴこむ
もぴこむ

せっせと予防しましょ!!

 

フィラリア症予防の薬をもらおう

毎度、血液検査は
フィラリア陰性!!

でこぴかり
でこぴかり

良かったぁぁぁん!!

 

もぴこむはのフィラリア症予防のお薬は

ネクスガードスペクトラ
ソフトチュアブルタイプ

 

・動物用医薬品
・ノミ・マダニ駆除剤
犬糸状虫症予防 ←コレね
・消化管内寄生虫駆除剤

と書いてある

5月〜11月分の7ヶ月間
をもらっているよ

でこぴかり
でこぴかり

毎度ペロリと食べてくれる

もぴこむ
もぴこむ

美味しく予防よ♪

と、
ココまでは毎年の必須項目

当たり前のコトだケド、

狂犬病とフィラリア症
どっちも予防が
とっても大事!!

ってとこですな!!

でこぴかり
でこぴかり

お世話係とって絶対必須の
春の大仕事なのであーる!!

もぴこむ
もぴこむ

仕事してくれるのは

獣医師さんでしょ

 

👆以上は毎年必須の項目👆

 


 

👇以下はシニア犬の任意の検査項目だよ👇

血液検査

フィラリア検査で採取した血液で、
ついでに精密検査もしちゃう

 

血液検査

ヒトの血液検査と同じで、
腎不全・糖尿病・甲状腺機能・
ホルモン状態・貧血・脱水ナド
さまざまな状態がわかるよ

 

えー…っと、
今年も健康!!だそうだ!!

でこぴかり
でこぴかり

獣医師さんの説明では
去年より栄養状態が良くて
健康だそうだよ

もぴこむ
もぴこむ

主食をグレードアップしたからな

 

毎年せっかく血を摂るので
異常の早期発見にもなるし、
精密検査もしとく良いと思うよ

レントゲン

実はもぴこむ
2019年に左後脚を脱臼し
寛骨臼から外れた骨頭が
体内を傷つける可能性が高かったため
大腿骨の骨頭を切除する手術をしてます

もう歩けないかと
覚悟した時もあった…

しかぁし!!
現在は歩いたり座ったり
時にはジャンプしたり飛び降りたり
日常生活をこなしている

もぴこむ
もぴこむ

トゥッ!!

もぴこむ
もぴこむ

シュワッチ!!

でこぴかり
でこぴかり

長時間興奮しないよう

お世話係が見守って

調整が必要だがな

 

シニア犬の大腿骨の様子

向かって右が
骨頭を切除した左大腿骨

 

レントゲンで見ると、
骨頭を取ってしまった方は
寛骨臼にハマってないけれど、

筋肉がカバーして
歩ける状態になっているよ

 

また、シニア期は
心臓の肥大や
椎間板の変形も進行するため、

大腿骨の経過と併せて
内臓と脊椎もチェック!!

 

シニア犬の心臓の様子

 

心臓のサイズは問題なかったよ

 

が、今年は肺の中に水滴が見られ、
水を誤飲しちゃっている
ことがわかった

シニア期よくある現象だそう…

でこぴかり
でこぴかり

水飲んでゴフッとしてる時あるよね

もぴこむ
もぴこむ

アンタもそうじゃんか

精密検査してもらうと
そういうコトがわかるので
水皿の高さの変更が必要、ナド
今後の課題が
ハッキリわかるのが良い

 

そして、
今年は悲報がある…

椎間板の変形が始まっていることが
わかった…

 

シニア犬の脊椎の様子

椎間板がやや変形し始めているとのこと

シニア期なりの状態なのだが、
椎間板の変形は
歳とともに徐々に進行してしまう

 

でこぴかり
でこぴかり

歳をとっているんだね…

もぴこむ
もぴこむ

アナタもよ!!

現在の状態をよく知ったうえで、
お世話係はよりいっそう
普段の生活の微妙な変化に
気付けるようにしよう!!

 

医療費合計

今年の健康診断の合計金額は、
42,735円でした

実際に支払った金額は
36,410円

もぴこむ
もぴこむ

予防目的の処置は

保険適用対象外だよ

 

フィラリア予防薬がね、
予防目的で保険対象外だし、
まとめての購入だから
凄くお高く感じちゃうんだケド

ネクスガードは
売上の一部が
保護犬や保護猫の家族を探す活動に
役立てられているんだって

でこぴかり
でこぴかり

ぐぬぬ…良い話…ゴフッ

もぴこむ
もぴこむ

ネクスガード、美味しいしね!!

まとめ

シニア犬は毎年健康診断をしよう

毎年、以下の項目を
一気に行うもぴこむ

・狂犬病予防注射
・フィラリア検査
・血液検査
・レントゲン

注射の時は一言ヴゥ~とお怒りでしたが
だいたいおとなしく受けてくれます

 

でこぴかり
でこぴかり

エライぞ!!もぴこむ!!

もぴこむ
もぴこむ

スゴイぞ!!ワタクシ!!

シニア犬の健康診断のメリット

狂犬病予防注射とフィライリア予防は
当たり前だケド

血液検査とレントゲンでは
シニア期の異常の
早期発見・早期対策
ができるよ

いろんなコトが一度に済むし
何か異常があった時は、
治療方針を相談する段取りも
病院に行ったその日に
手早く行えるよ

今後も毎年の健康診断を
続けていこうと思う!!

でこぴかり
でこぴかり

いやぁ〜、もぴこむ、

今年も検査お疲れ様!!

 

健康で何よりだったケド、
健康な時も
怪我の時も病気の時も
お世話係はもぴこむをあいしているよ

 

もぴこむ
もぴこむ

ポエムやめてっ

でこぴかり
でこぴかり

ゴ、ゴメッ!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました